NEWオススメ限定品 インド バルマアディ農園 ナチュラル バイオダイナミック

インド バルマアディ農園 ナチュラル バイオダイナミック
インド バルマアディ農園 ナチュラル精製 バイオダイナミックをご紹介

インドのタミルナドゥ州南部のニルギリ地区にある農園です。
バルマアディという農園名は、タミル語(南インドのタミル人の言語)で『牛の乳房』という意味です。農園の創業は1850年で、創業者はジョン・アウチェターロニー。現在のオーナーは、ティアガラジャン。ちなみに、ニルギリ地区は、アレクザンダー大王がアジア遠征時の部隊の末裔といわれるトダ族の里です。

<ナチュラル精製とは>
ブラジル、エチオピア、イエメン、インドネシア(カネフォラ種)などでおこなわれている伝統的な方法。粗選別の後、コーヒーチェリーをそのまま天日乾燥させ、果肉とパーチメントを一度に除去します。

収穫→コーヒーの実をそのまま乾燥→貯蔵庫で寝かせる→脱殻機にかける→生豆
独特の風味が育成され、豆本来の自然な味が生かされます。

<ケント種>
インドで植われたティピカ種の突然変異による品種で、1920年代にマイソールにあった英国人農園主のロバート・ケント氏所有のドッデングーダ農園にて発見されたことが名前の由来です。
高いカップクオリティーとさび病に強いという特徴があります。



<お勧めの焙煎度合>

ミィディアムロースト~ハイロースト

ナチュラル特有のフルーティーな酸味が程よく、アフターテイストも短めです。
ミィディアム~ハイロースト辺りからバナナっぽい少しの濃厚な香味もでてきます。



<バイオダイナミック農法とは>

オ-ストリアのルドルフ・シュタイナ- (1861-1925) が提唱した有機農業で、ヨ-ロッパを中心に米国、
インドなど世界各地で広まりつつある有機農業の最高峰ともいうべき農業。

バイオダイナミック有機栽培農法は、大地を育むことから始めます。
それは栄養を与えることではなく、大地そのものの生命力を高めるという考え方。

通常の有機栽培とは違い、さ らに一歩進めて、自然の持つパワーまで取り入れたのが、
バイオダイナミック有機栽培農法です。




品名 バルマアディ農園 ナチュラル バイオダイナミック
生産国 インド
地域 南部タミルナドゥ州、ニルギリ
生産者 バルマアディ農園
クロップ 2017
規格 プランテーションバルク
欠点規格 N/A
スクリーン スクリーン16/17主体、スクリーンレンジ14-18およびピーベリー混入
木の品種 ケント
その他 標高1400-2000メートル、バイオダイナミック・オーガニック農法を導入、スイスIMO オーガニック認証、年間降雨量2000ミリ
精製方法 ナチュラル 
開花時期 2016年3-4月
収穫時期 2016年10月-2017年3月
船積時期 2017年10月
保管方法 定温倉庫
ロットナンバー 14-53-2017-1277
商品コード 000101
販売価格 1,200 円(税込)
関連カテゴリ:
コーヒー豆
コーヒー豆 > アジア/オセアニア
コーヒー豆 > 限定豆
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

ドライヤード(乾燥場)

インド バルマアディ農園 ナチュラル バイオダイナミック

産地はこちら

インド バルマアディ農園 ナチュラル バイオダイナミック